見てきた。悼む人の装丁が印象的で、一度見てみたかった作品が近くでみれるこの機会。ちょっとSCARY、そしてちょっとグロテスク、だけど、とってもファンタジックだったりもする。楠本まきの作品と通じるものある世界観。ワイン造りは、サイエンスティックであり、アーティスティックな部分もあるから、アートには、無性に心惹かれる、そして、突然、悩み事の答えが浮かんだりする。私の中のスフィンクスの答えはまだ見えない。#cfa_bw #船越桂 #私の中のスフィンクス


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/azna/spring-aroma.com/public_html/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018



コメントは受け付けていません。