見てきた。悼む人の装丁が印象的で、一度見てみたかった作品が近くでみれるこの機会。ちょっとSCARY、そしてちょっとグロテスク、だけど、とってもファンタジックだったりもする。楠本まきの作品と通じるものある世界観。ワイン造りは、サイエンスティックであり、アーティスティックな部分もあるから、アートには、無性に心惹かれる、そして、突然、悩み事の答えが浮かんだりする。私の中のスフィンクスの答えはまだ見えない。#cfa_bw #船越桂 #私の中のスフィンクス

見てきた。悼む人の装丁が印象的で、一度見てみたかった作品が近くでみれるこの機会。ちょっとSCARY、そしてちょっとグロテスク、だけど、とってもファンタジックだったりもする。楠本まきの作品と通じるものある世界観。ワイン造りは、サイエンスティックであり、アーティスティックな部分もあるから、アートには、無性に心惹かれる、そして、突然、悩み事の答えが浮かんだりする。私の中のスフィンクスの答えはまだ見えない。#cfa_bw #船越桂 #私の中のスフィンクス




コメントは受け付けていません。