CHAMPAGNE



ヴーヴクリコの最高醸造責任者の
ワインセミナーを受講してきました。
世界に名を誇るシャンパーニュハウスのワインメーカーが
何を語るのかに非常に興味があったのです。
そして、1986年のレアヴィンテージも
ティスティングできるワクワクのセミナーでした。

セミナーでは、
ヴーヴクリコの歴史から、
ワイン作りに関するこだわりについてを
お話しを戴きました。

そして、
ティスティングのワインボトルが
運ばれてきた瞬間、
教室内に漂う、シャンパンの香り。
ヴーヴクリコの力強さを感じたのは言うまでも
ありません。

レギュラー製品となるイエローラベルから
1986年もののレアヴィンテージまで、
赴きは熟成によって、変化しますが、
すべてに感じられる一貫性、再現性には、
感服するばかりでした。

ワインとは楽しむもの。
ルールをどんどん破ってください。

というのが、ヴーヴクリコからの
最後のメッセージでした。
この言葉に非常に勇気づけられ、
しばし考えたこともあったので、
そのうち記事にしたいと思ってます。




コメントは受け付けていません。