Fermentation magic



足利生涯学習振興大会へ行き、
小泉武夫教授の講演を聞いてきました。

小泉武夫先生は、
私にとって、母校の有名先生であり、
食文化論、発酵学の大大大先生なのであります。

講演のテーマは、
「食の冒険家が語る旅への誘い」

旅で出会った貴重な食べ物の
お話をそれはそれはおいしそうに
たのしそうに話す姿に、
いつも引き込まれます。
悪く言えば、ゲテモノと言われるような食べ物を
なぜ、現地の人は食べ、
暮らしているのか。
おもしろ、おかしく、
時には大まじめに語ってくれます。

先生のお話を聞いてると
虫でも、臭いの強い発酵食品も
絶対食べたいと思わせてくれるけど、
もし、私が現地に赴き、
ボウルに山盛りに入れられている昆虫を
食べることができるのか?

やっぱり自信ないな。
でも、食べず嫌いはしない。
と心に決めてるから、
とりあえずは口にしてみようと
結局は思うのでした。




コメントは受け付けていません。